奈良県橿原市 近鉄畝傍御陵前駅東出口より徒歩30秒 畝傍カイロプラクティック

症状が出る仕組みと、当院の治療法
内臓疲労イラスト

身体は日々、疲れていきます。
それを回復させるのが【自己治癒力】という人間が元から備え持つ力です。
しかし、ストレスの多い現代社会では、積み重なる毎日の疲労がその自己治癒力を上回り、徐々に身体に蓄積されていきます。

では、なぜ回復が追い付かなくなるのでしょうか?

姿勢の良い人悪い人イラスト

身体の疲労は内蔵の働きによって改善されます。
しかし、食生活や睡眠状況などによって内臓に過度の負担がかかると、その働きが十分に発揮されなくなってきます。
内臓に疲労が蓄積すると体を丸めてお腹を緩ませ、少しでも内臓の動きを助けようとします。
これが歪みの始まりです。

血液や体液の循環が悪いイラスト

体が歪むと、血液を含めた体液の循環が悪くなってきます。
ホースが折れて、お水の出が悪くなっているところをイメージしてもらえるとわかりやすいかと思います。

循環が悪くなってくると、酸素や栄養素もきちんと運ばれなくなり、歪みをカバーするために負担のかかっている骨や筋肉の状態が、さらに悪くなっていきます。

症状発生までの流れ

症状発生までの流れ解説イラスト

当院の治療法

私が業界に入った当時(1988年)は、整骨院、また整骨院ほどではないにしろ、鍼灸院でも、筋骨格系の症状を訴える患者さんが多数を占めていました。
いわゆる肩こりや腰痛、使い痛みといったイメージです。
ところが、ここ数年間で急激にその質が変わってきているように感じられます。
まず、不定愁訴なるものが台頭し、表向きの症状が肩こり、腰痛であったとしても、その原因に変化が見られるようになってきました。
変化の原因は何であるかを考えた時に、やはり『生活様式の変化』を思わずにはいられませんでした。
実際、昭和45年生まれの私が子どもの頃には、【アトピー】や【花粉症】などという言葉は、耳にしたこともありません。
現代人の生活様式の中には、たくさんの害が溢れているということです。
これは、毒や不利益という言葉に置き換えても問題ないでしょう。

一般的に言われている害を挙げると、
・水質汚染
・大気汚染
・食品添加物
・電磁波
などがあります。
自分のさじ加減ひとつと考えられなくもないですが、睡眠不足なんかも含められます。

水質汚染
水質汚染イラスト

「水と安全はただ」なんて言われていた時代があるように、現在のように、コンビニでお金を払ってお水を買うようになるとは、思いもしませんでした。
ガソリンよりも高くついていることに気づいていない方も多いですね(笑)

今や、よほど水質に恵まれた地域を除けば、お水は買って飲むものという概念が定着しつつあります。

大気汚染
大気汚染イラスト

現在、私たちが吸っている空気は様々な物質に汚染されています。大気汚染は、私たちが日常生活する上で必要なところから始まります。それは、工場や自動車などの排煙が主な原因です。特にアジアでは急速な工業化が進み、さらに人口の増加により自動車の利用者も増え、年々大気汚染は深刻化しています。大気汚染は私たちの健康を損なうどころか地球温暖化にもつながるなど、様々な問題点を含んでいます。

水と空気が汚染されているということは、土壌そのものが汚染されているということに他なりません。

食品添加物
食品添加物イラスト

日本で使用されている添加物の量から推測すると、なんと、日本人はひとり当たり、1年間で平均4.6kgの添加物を食べている計算になっているのだそうです。
中には、表示されることのない食品添加物もあります。

もちろん、食品添加物のすべてが悪いというわけではありません。
しかし、メーカー側や厚生労働省が発表する言葉やデータを鵜呑みにしてしまうことも考えものです。

電磁波
電磁波イラスト

電磁波による被曝も、現代社会では避けられない問題です。例えば、パソコンは1990年にNEC(日本電気)から発売されたPC-286Uシリーズ位から一般企業(会社)で広く使われる様になりました。一般家庭には1995年以降,Windows95の発売で一挙に普及しました。また、パソコン以上に広く普及している携帯電話も同じく1995年を境に増え始めました。パソコンや携帯電話は電磁波の問題だけではなく、使用中の姿勢にも問題があります。
長時間、下を向いたような姿勢も、以前ならば読書くらいしか考えられませんでした。パソコンやスマホの画面から発せられるブルーライトによる目の疲れも、普及以前にはなかった問題です。さらには、電子レンジの普及や、オール電化によるIH調理器具も、高い電磁波を放つことが知られています。

現代社会では完全に避けることはほぼ不可能な害

このように、現代社会では、完全に避けることはほぼ不可能とも言えるほどの害が溢れています。
また、すべてを否定しては生活が成り立たないレベルになってきています。

前述したように、生活様式の変化によって現れる症状が変わってきているのであれば、治療方針や施術方法も当然変えていく必要があるのではないかと私は考えたのです。
いわゆるアジャストと呼ばれるような、筋骨格系を矯正、調整するアプローチの限界を感じました。

現代社会において、私たちが受けている害の多種多様化を考えると、身体の不調の原因を見つけることさえ困難になってきています。
「○○があったから疲れた。」「△△したから痛くなった。」
それほど単純ではなくなってきているのです。

この現代人が受けている害という点に考えが至る少し前くらいから、原因の追究とは何なのだろうという思いを持ち始めていたこともテクニック開発の大きな要因となりました。

積み木イラスト

積木の一番下が傾いていれば、上に高く積んでいかれない。
だから、足を調整する。
おぉ!なるほど!それは確かにそうだ!
ん…、で、土台が崩れた原因は??

腰痛の原因は上部頸椎にあります。頸を調整すれば、腰の痛みは消えます。
それはすごい!まったく知らなかった!
ん…、で、頸椎が具合悪くなっている原因は??

上部頸椎の歪みを引き起こす原因は、出産時に産道を通過する際のストレスです。
なるほど~!そういうことか!
ん…、帝王切開にも見られる??矛盾してません??

誤解のないように言っておきますが、今まで勉強してきた治療法や理論にも、それぞれ素晴らしいものがありましたし、テクニックの中に取り入れさせてもらっているものもあります。

しかし、構造的な歪みの原因に対するこういった疑問と、避けられない現代社会の害を考えた時に、何が真実なのかがわからなくなってしまったことも事実です。
それならば、原因追究の犯人捜しに意味がないのではないかと考えた私は、人間が本来持っているはずのエネルギー、いわゆる自己治癒力を発揮しやすい体内環境を作るというこの1点にだけにポイントをしぼるようになったのです。

ところが、この『自己治癒力』、言葉としてはよく耳にしていますが、いまいち実体が見えません。
治癒力を高めると謳っている古今東西の治療法をあれこれ調べてみたり、実際に自身で受けてみたり、またセミナーで学んだりしました。

そして、たどり着いた仮説が、【脳】と【腸】でした。

脳と腸イラスト

自己治癒力とは何かと考えた時に、まずホメオスタシス(恒常性の維持)という言葉が出てきて、そこから頭の中に浮かんできたキーワードがいくつかあります。
・循環の改善
・免疫力の向上
・自律神経の安定
・ストレスの解消
・体軸(センターライン)の安定

循環の改善
血液や体液の循環が良いイラスト

循環というと、血液循環だけを考えてしまいがちです。もちろん、血液循環が重要であることは言うまでもないのですが、古来、東洋医学では『氣』『血』『水』が滞りなく流れている状態を健康と定義していました。
大雑把に説明すると、『氣』はエネルギー、『血』は血液、『水』は血液以外の体液、リンパなどを指すと思っていただいてよいと思います。
それらの循環を考えた時に、脳脊髄液の循環と、身体の筋肉の2/3がある下半身の血液循環に着目しました。

免疫力の向上
免疫力の向上イラスト

自己治癒力とは、生命力そのもの。それは、免疫力と同義語と言ってもよいのではないかと私は思っています。
では、その免疫力をつかさどっているのはどこかを考えた時に、出てきた答えが【腸】でした。
免疫力の6~7割は腸で作られます。腸ではそれ以外にも、血液、神経伝達物質、ドーパミンやセロトニンのような幸せを感じる物質などが作られます。また、解毒にも一役買ってくれています。
発生学的にも最初にできるのが腸であり、『第二の脳』と呼ばれることもありますが、個人的には脳が『第二の腸』と言ってもよいと思っています。脳や心臓のない動物はいくらでも存在しますが、腸のない動物は存在しないからです。

自律神経の安定
自律神経の安定イラスト

自律神経は、循環、呼吸、消化、発汗・体温調節、内分泌機能、生殖機能、および代謝のような不随意な機能を制御しています。これも、まさに生命力そのものと言えます。そして、この自律神経の中枢は、【脳】の中でも脳幹と呼ばれる部分にある、間脳視床下部にあります。
脳幹とは、視床部(間脳)、視床下部(間脳)、中脳、海馬、橋、延髄、これらすべての総称です。
この脳幹に正常な働きをしてもらうために、頭蓋骨と上部頸椎を調整しておく必要があります。

ストレスの解消
ストレスの解消イラスト

ここでいうストレスとは、精神的なストレスに限りません。前述した、現代人が受ける毒はすべてストレスになります。また、暑さや寒さもストレスに含まれます。

ストレスを感じるのは【脳】です。
脳がストレスを感じると、副腎刺激ホルモンを分泌し、それにより、副腎から抗ストレスホルモンが分泌されます。

ここでも、脳と内臓が出てきます。

体軸(センターライン)の安定
体軸(センターライン)の安定イラスト

これだけが私が考える中で唯一の、筋骨格系へのアプローチになります。中心軸さえしっかりと安定できていれば、枝葉は問題ないという仮説の元で施術をします。

以上のような考えから、当院ではどのような症状の患者さんが来られても、【筋肉】や【骨格】だけではなく、【腸】と【脳】へのアプローチを含めた全身への施術を行います。

当院ではスキンドライブシステムというコンセプトの元、施術を進めていきます。
スキンドライブシステムは様々な療法の共通点を科学的根拠と仮説で説明できるものです。
詳しくはスキンドライブシステムをご覧ください。

自己治癒力のトライアングル
すべての原因をクリアにする

また、特に痛みや不具合のある治療が必要ではないけれどもリラックスして日常を送るための自分の身体のメンテナンスとして来ていただく事も歓迎です。
普段からのメンテナンスはなによりの予防に繋がります。

畝傍カイロプラクティック