更年期障害

更年期

当院の施術でなぜ更年期障害を改善することができるのか?

更年期障害
それは、骨や筋肉だけではなく、脳や内臓、メンタル面までを含めたからだ全体のバランスを調整できる施術だからです!

施術に当たる者は、全国600名以上のプロの治療家に技術指導を行う『確かな技術力』で同業者からも推薦されています。

全国600名以上のプロの治療家に技術指導を行う確かな技術力

色々な体の不具合に悩まれているあなたへ

  • 最近疲れやすい
  • 倦怠感があり、やる気が出ない
  • 顔や上半身が熱くなる
  • 感情のコントロールが出来ない
  • 病院で検査をしても異常なし

あなたはこのような不安を感じたことはありませんか?
でも、もう大丈夫!!
畝傍カイロプラクティックはあなたのお悩み、疑問を一緒に解決していきます。

まず、なぜ更年期障害の症状が出てくるのかを知りましょう!

更年期障害の主な原因は、女性ホルモンのバランスが閉経前後の期間に崩れる事です。
結果、身体的・精神的な不調が起こります。
更年期が始まる時期は個人差がありますが、45歳〜55歳あたりで、最も多い閉経年齢は50歳だと言われています。

なぜ、同じように訪れる更年期なのに、症状が出る方と出ない方がおられるのでしょうか?
そこには体の歪みと内臓疲労が関係してきます。

女性ホルモンを分泌するのは内臓(子宮や卵巣)です。
内臓も負担をかけすぎると疲労します。
体の歪みや内臓疲労の蓄積などが原因となり、症状の有無が決まります。

身体は日々、疲れていきます。
それを回復させるのが【自己治癒力】という人間が元から備え持つ力です。
しかし、ストレスの多い現代社会では、積み重なる毎日の疲労がその自己治癒力を上回り、徐々に身体に蓄積されていきます。

では、なぜ回復が追い付かなくなるのでしょうか?

身体の疲労は内臓の働きによって改善されます。
しかし、食生活や睡眠状況などによって内臓に過度の負担がかかると、その働きが十分に発揮されなくなってきます。
内臓に疲労が蓄積すると体を丸めてお腹を緩ませ、少しでも内臓の動きを助けようとします。
これが歪みの始まりです。

体が歪むと、血液を含めた体液の循環が悪くなってきます。
ホースが折れて、お水の出が悪くなっているところをイメージしてもらえるとわかりやすいかと思います。

循環が悪くなってくると、酸素や栄養素もきちんと運ばれなくなり、歪みをカバーするために負担のかかっている骨や筋肉の状態が、さらに悪くなっていきます。

体の歪み方は人それぞれ・・・
仕事内容や家事、育児(重たいものを持つ、同じ作業を繰り返す)
姿勢(立ち仕事、デスクワーク)
職場環境(屋内、屋外)
人間関係など

人の数だけ体の歪み方があり、人それぞれの症状が現れます。

症状発生までの流れ

症状発生までの流れ解説イラスト

更年期障害も例外ではありません。

一言に更年期障害といっても様々な症状があります。
まずご自身の症状が更年期障害に該当しているのかを知りましょう。

更年期障害の症状

・のぼせ、ほてり
・肩こり、
・イライラ
・頭痛
・めまい
・不眠
などがあります。
更年期障害は、特定の症状と言うよりは不定愁訴(原因が不明瞭な疾患)のことが多いです。

また、聞きなれない方も多いかもしれませんが、近年では男性にも更年期障害が増えてきています。
男性も女性と同じような症状を呈する事が多いです。

私の体はどうなっているのだろう?原因は何だろう?と悩まずに相談してください。

当院では徒手検査(画像ではわからない筋肉や内臓疾患の検査)を行い、あなたの体の不調の原因を見極めます。検査を踏まえた上で治療を行います。
また、生活習慣や食生活の見直し、予防法などを提案し再発を防止していきます。

更年期障害改善までの流れ

自然治癒力が高まるイラスト

更年期障害の治療もまずは内臓調整や全身の歪み調整による体液循環(からだのお水の流れ)の改善です。

体液の循環を調整することで、酸素や栄養素が身体中に行き届くようになり、【自己治癒力】が引き上がります。

からだ全体の調整後、さらに滞りの残る場所を施術することもあります。
この際、症状の出ている場所に直接施術をすることもありますが、患部以外の場所への施術で症状が改善する場合が多いです。

そして、水素灸で抗酸化、抗炎症、免疫力向上を図ります。
症状が改善し健康な男女のイラスト

詳しくは、当院の治療方針をご覧ください。

関連記事

  1. ストレートネック

    ストレートネック

  2. めまい

    めまい

  3. 産後の手首の痛み(腱鞘炎)のセルフケア

  4. 産後の骨盤矯正

    産後の骨盤矯正

  5. 季節の変わり目

    体の中の司令塔!自律神経とは?

  6. 肩こり

    肩こり