ジャンパー膝

ジャンパー膝

当院の施術でなぜジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)を改善することができるのか?

ジャンパー膝
それは、骨や筋肉だけではなく、脳や内臓、メンタル面までを含めた からだ全体のバランスを調整できる施術だからです!

施術に当たる者は、全国600名以上のプロの治療家に技術指導を行う『確かな技術力』で同業者からも推薦されています。

全国600名以上のプロの治療家に技術指導を行う確かな技術力

「ジャンパー膝」に悩まれているあなたへ

  • 膝が痛くて、思い切りプレーができない
  • 近々ある大会に出場したい
  • 朝、歩くのも辛い
  • ストレッチも痛くてできない
  • 改善と悪化を繰り返している

あなたはこのような不安を感じたことはありませんか?
でも、もう大丈夫!!
畝傍カイロプラクティックはあなたのお悩み、疑問を一緒に解決していきます。

まず、なぜジャンパー膝になるのかを知りましょう!

ジャンパー膝という傷病は、ご存知のようにスポーツ障害です。
しかし、誰しもが発症するものではありません。
発症する人しない人、その違いはどこにあるのでしょうか?

身体は日々、疲れていきます。
それを回復させるのが【自己治癒力】という人間が元から備え持つ力です。
しかし、ストレスの多い現代社会では、積み重なる毎日の疲労がその自己治癒力を上回り、徐々に身体に蓄積されていきます。

では、なぜ回復が追い付かなくなるのでしょうか?

身体の疲労は内臓の働きによって改善されます。
しかし、食生活や睡眠状況などによって内臓に過度の負担がかかると、その働きが十分に発揮されなくなってきます。
内臓に疲労が蓄積すると体を丸めてお腹を緩ませ、少しでも内臓の動きを助けようとします。
これが歪みの始まりです。

体が歪むと、血液を含めた体液の循環が悪くなってきます。
ホースが折れて、お水の出が悪くなっているところをイメージしてもらえるとわかりやすいかと思います。

循環が悪くなってくると、酸素や栄養素もきちんと運ばれなくなり、歪みをカバーするために負担のかかっている骨や筋肉の状態が、さらに悪くなっていきます。

体の歪み方は人それぞれ・・・
仕事内容や家事、育児(重たいものを持つ、同じ作業を繰り返す)
姿勢(立ち仕事、デスクワーク)
職場環境(屋内、屋外)
人間関係など

人の数だけ体の歪み方があり、人それぞれの症状が現れます。

症状発生までの流れ

症状発生までの流れ解説イラスト

ジャンパー膝も例外ではありません。
まずはジャンパー膝について知りましょう!

ジャンパー膝はジャンプや着地動作を頻繁に行ったり、キック動作やダッシュなどの走る動作を繰り返したりするスポーツに多く見られる、オーバーユース(使いすぎ)が影響するスポーツ障害です。
症状の膝のお皿(膝蓋骨)の下に位置する膝蓋靭帯という靭帯の炎症です。
原因は大腿四頭筋の柔軟性不足です。
大腿四頭筋は膝を動かす筋肉で、ジャンプやダッシュによる膝関節の屈伸を頻繁に行うことにより柔軟性が低下し、症状が発生します。

一般的な治療法

・大腿四頭筋のマッサージ
・保存療法
・大腿四頭筋のストレッチ

当院の治療法

・内臓調整とからだの歪み改善
・運動制限なし
・ストレッチは不要、当院独自のセルフケア指導

ジャンパー膝改善までの流れ

自然治癒力が高まるイラスト

ジャンパー膝の治療もまずは内臓調整や全身の歪み調整による体液循環(からだのお水の流れ)の改善です。

体液の循環を調整することで、酸素や栄養素が身体中に行き届くようになり、【自己治癒力】が引き上がります。

からだ全体の調整後、さらに滞りの残る場所を施術することもあります。
この際、症状の出ている場所に直接施術をすることもありますが、患部以外の場所への施術でジャンパー膝が改善する場合が多いです。

そして、水素灸で抗酸化、抗炎症、免疫力向上を図ります。

ジャンパー膝などスポーツ障害の多くは
・保存療法などの安静
・患部の筋肉を緩めるためのストレッチ
では、改善しません。

からだの歪みを整えて、膝への負担を減らすことが症状改善の近道です。

症状が改善し健康な男女のイラスト

詳しくは、当院の治療方針をご覧ください。

関連記事

  1. 偏平足

  2. 冷え性対策

    冷え性の対策に、整体という選択肢を!

  3. 産後の骨盤矯正

    産後の骨盤矯正

  4. 足底筋膜炎

    足底筋膜炎

  5. 不眠症

    不眠症

  6. シンスプリント

    シンスプリント