通勤時間にできる簡単なセルフケア

皆さんこんにちは、未病を防ぐ身体作りのスペシャリスト。
畝傍カイロプラクティックの岩崎です。

10月末に発生した台風の影響で、通勤で乗車している南海電車が未だにすし詰め状態です…
冤罪予防のハンズアップも難しく、自分のお弁当を守るのに必死です( ̄▽ ̄)
満員電車
人が少ない時は、ただ立っているだけでは勿体無いので、体のセルフケアを行なっています。
そんな人前で!?恥ずかしい笑。
と思われるかもしれませんが、あまり動きがないので特には目立ちません。

皆さんは『セルフケア』をしていますか?

セルフケアとは?

多くの方は、ほとんどが一時的な目的のために行なっていると思われます。

それでいいんですけどね。
なかなか痛みや悩みのない時に「よし!やるぞ!」と、なる方は少数派のはずです。

しかし、痛みや悩みが発生してから行うのは、ちょっと後手に回った感じもあり、セルフケア本来の目的である未病を防ぐという観点からはズレてしまいます。
なので、1日1回セルフケアをすることが大切です。

セルフケアには時間や質は問いません!
体操

どんなセルフケアがよいの?

「この体操はいいの?」
「〇〇に効く運動を教えてください」
「これはダメなんですよね?」
と、質問を受けることがありますが、
答えはわかりません( ̄▽ ̄)

体の構造的、または症状的な良し悪しはわかりますが、その運動の良し悪しを決めるのは僕ではありません。

【あなたの身体が決めることです】

やってみて、機嫌よくできるのがよい運動。
すなわち、あなたに合った運動になるわけです。
セルフケア

セルフケアの選び方

最近では、情報の流通がインターネットにより飛躍的に広がりました。
結果、情報に翻弄され頭でっかちになりやすい傾向にあるのも事実です。

〇〇がいいと書いてあったからやっている
誰それが〇〇がいいと言っていたのでやっている

それで問題は無いのですが、大切なのは身体の声を優先することです。

楽しい。
やった後がスッキリしている。
最近、症状が気にならなくなってる。
達成感がある。
おもろい。
自分に合っている気がする。
などなど

この身体の声が、あなたにとってのよい運動です。

通勤時間にできる簡単なセルフケア

ちなみに、上述した僕が電車の中で行なっているセルフケアを紹介しますね〜

両足を揃えて立ち、膝のお皿を外に向けるようにお尻に力を入れるだけです。
だいたい30回くらいやってます。
みなさん学校の帰り道などで、一度はトイレ(う〇こ)を我慢したことがあるはず。
僕はヨチヨチ歩きになりながら帰った記憶が何回かありますが…
それを思い出してお尻に力を入れ、更に膝のお皿を外に向けるようにする感じですかね〜

簡単でしょ?

この時、プリケツでやると腰を痛めますので注意ですよ( ̄▽ ̄)
この運動は大きな筋肉を使ったセルフケアなので冷えの予防、基礎代謝アップなど、さらにはヒップアップ効果もあります。

側から見ると、何もしてないように見えますが、本を読みながらそんなことをしています♪

よくわからない…という方は
直接聞いてください☆

当院の考えるセルフケア

当院では、自己治癒力を最大限に発揮できる身体作りを行い、あなたの健康をサポートします。
その『自己回復力を最大限に発揮できる身体』を維持するためにセルフケアがとても有効です。
セルフケアを行うことにより、身体の変化に気づくキッカケにもなります。
その気づきは、未病を防ぐために大切な気づきです。
そういうことですので、時間や質は関係ないんです。
1日一回セルフケアをする意義はここにあります。

もう一度言いますが、どんな運動も良し悪しは身体が決めることです。
どんな運動も、やってみましょう!

大切なのは、何事もストレスなく行うことですよ♪


関連記事

  1. さらし

    腰痛の時って、コルセットをした方がいいの?

  2. 水素灸

    水素なお話

  3. 忘年会

    身体に無理のないファスティングのやり方

  4. 北海道合宿

    体を温める食べ物と冷やす食べ物

  5. 夏バテ

    夏バテかも⁉

  6. 季節の変わり目

    体の中の司令塔!自律神経とは?