オスグッドシュラッター病から早期回復した症例

運動会

スポーツ外傷、スポーツ障害もお任せください!
元バスケットボール部、畝傍カイロプラクティックの岩崎です。

先日、大阪の岸和田市でだんじり祭りが行われましたね。
今年は台風の影響もあり、観客の数はかなり少なかったらしいです(T-T)
とはいえ、大きな事故なく、お祭りを終えられたことが何よりです。

だんじり祭りは試験曳き・宵宮・本宮の合わせて計3日間行われます!だんじり祭り
お祭り中、だんじりを引く方々は何kmぐらい走っていると思いますか?

なんと3日間で約60kmです!!
地車の重量は約4トン!!
考えただけでも足が疼きますね(笑)

大阪で勤務をしていた時は、走り込み(お祭りに向けての練習)の期間に、膝や足首を痛めた多くの方が治療に来られていました。

今回は、お祭りが原因ではありませんが、膝を痛めて来院された方の症例を紹介します。

膝の痛みの症例報告

小学6年生の男子。
クラブチームで週2回野球。
初回来院日の10日後に大会があり、3週間後には運動会があり、毎日運動会の練習もあるとのこと。
運動会では『ソーラン節』を踊る予定。
本人の意向としては、試合にも出場したいし、早く運動会の練習にも参加したいとのことでした。

初診時の状態

整形外科で両足オスグッドシュラッター病と診断される。
右足の方が症状は強い。
更に、剥離骨折もしているとのこと。
階段の昇り降りで痛みがあり、野球と運動会の練習は休んでいる。

当院の検査では両膝屈曲時に痛み。
更に、上半身全体に動きの悪さが目立つ。
まずは自己治癒力を高める施術を行う。
その時点で一度、膝を屈曲してもらうと痛みがましに。
更に、全身の調整後の検査では、屈曲時の痛みは無くなったとのこと。
初回は日常でのセルフケアと、日常生活で気をつけることを伝え終了。

再診時の状態

次の日は全く痛みがなかったので、ソーラン節の練習に最後まで参加。
しかし、その夜に痛みが出たため、その日以降は少し怖さが出たので練習は休んだとのこと。

検査では膝の屈曲時の痛みはなく、上半身の動きも改善していた。
今回の施術も、ほぼ前回と同じ内容で終了。
野球と運動会の練習に関しては、痛みが出たり、怖さがあったりしたら止める。特になければ可能と伝える。
今回も日常でのセルフケアと、日常生活で気をつけることを再び指導。

3診目の状態

運動中は特に痛みがなかったので、練習に参加。
膝の屈曲も痛みなし。上半身のバランスもかなり安定。
後は自宅でのケアで十分なので、3回で施術終了。

考察

今回の症例では、親御さんの治療に対する理解と、自宅でのセルフケアの協力もあり、とてもスムーズに施術が終了しました。
今の状態だと運動会の本番は勿論ですが、練習もバッチリ出来るのではないでしょうか(^^)
最後の運動会ですから、思い切り楽しんで欲しいものです!

オスグッドシュラッター病について

オスグッドシュラッター病は治る症状です!
正しい知識と正しいケアで症状は改善します!

あなたの大切な人は痛みを我慢していませんか?
痛みが原因で好きなことを断念していませんか?

どんなことでも気軽にご相談ください。

好きなこと・やりたことを思い切りできる体作りを一緒にしていきましょう♪

関連記事

  1. シンスプリントの痛みが整体で改善される理由

  2. 成長痛

    成長期の痛み

  3. ぽかぽか

    整体施術で冷え性が改善するお話

  4. コスモス

    顎の痛み、顎関節症治療の症例報告